B/Sスパンゲ法について

B/Sスパンゲとは

本日はB/Sスパンゲ法について書いてみたいと思います。

B/Sスパンゲ法とは、ドイツで開発された足の食い込みを予防・改善する方法です。

形状記憶の特殊な半透明のプラスチック板を使って矯正します。

プレートが戻ろうとする力で巻き爪を矯正します。また爪や皮膚を傷つけません。

痛みがほどんどなく、半透明のプラスチック製なので目立ちにくいのも特徴です。

比較的多くの整骨院やサロンなどで行われています。

施術方法

まず足を洗浄し、爪のカットなどのケアを行います。

その後にB/Sスパンゲを爪甲に装着します。

そのため短時間で行える方法です。

http://xn--a-j8t3ufc6613a2kza.biz/bss/ より引用

メリット

・施術中に痛みが少ない

・靴や歩行に制限がない

・目立たないので、ネイルカラーを塗れる。

・ネイルサロンや整骨院でも気軽に受けられる

デメリット

・矯正力が弱い。結局、矯正できないケースも多い。

・貼り付けたプレートが剥がれやすい

・矯正期間が長期にわたり、結局費用がかさんでしまう

・その日のうちには、爪の形はあまり変化しない

 

ワイヤー治療や手術に抵抗がある方は、試してみる価値がある方法だと思います。

しかし矯正力があまり強くないというデメリットもあります。

矯正が長期化した上に、あきらめて結局他の治療法にする方も結構います。

あと1回1回の施術代は5000円~7000円(1指)のところが多いですが、

良くなるまでに時間がかかってしまうため、かえって費用が掛かってしまう人も多いです。

だから軽度の巻き爪ならいいですが、中~重度の方はその辺を最初によく聞いてから行った方がいいと思います。

 

この記事に関する関連記事