重度の巻き爪の切り方【西東京田無巻き爪矯正センター】

本日はご自分で爪が切れなくなった方がご来店されました。

多くの人は巻き爪になると、下の写真のように爪が当たって痛くなる端の部分を斜めに切りたがる方が多いです。

しかし本日ご来店された女性ははそのことをわかっていて、なるべく端の部分は切らないようにしていたそうです。

すると巻きが強くなってきてしまい、真ん中だけを逆三角にカットされ、端が伸びている状態でご来店されました。

下の写真ですが、正面からの写真です。

真ん中を短くカットされて、端は長い状態でした。

確かにこれくらい巻いてくると、切りずらいと思います。

そして下の写真が矯正後になります。

※効果には個人差があります

随分と爪をカットすることができ、上手くいったかと思います。

この方だけでなく、巻き爪の方々は爪の切り方に苦労されてる方が多いです。

そこで今日は巻き爪の人が、簡単に爪を切れる方法を紹介します。

カットのやり方

巻き爪の方が爪を切る時は結構難しいです。

一般的には図のスクエアオフやラウンド型にしなさいと言われます。

しかし爪の巻きが強くなると、爪が皮膚に食い込んでくるため簡単には切れません。

そこでこれから綺麗に切っていく方法をお伝えします。

重度の巻き爪の切り方

まず用意していただきたいものが3つあります。

1つは硬いテープ、あともう1つはニッパー、最後にやすりです。

やり方①

まずテープで皮膚を下ろします。
この時、なるべく爪の端ギリギリにテープをつけて、その部分を動かないように抑えたまま、皮膚を下に引っ張るようにテーピングします。

やり方②

テーピングで皮膚を下ろしたら、爪の端が見えてくると思います。
そうしたらニッパーで爪を平らにカットしていきます。

やり方③

最後にやすりで爪全体を削って、テーピングを取って終わりです。

この手順で切っていくと、爪の端まで切れます。

ぜひ家でカットされる方はこのやり方でカットしてみてください。

注意点 テープは皮膚を下すために使うので、かならず硬いものを購入してください。

また硬いテープは一度に剥がすと、皮膚を傷つけることがあるので気をつけてください。

この記事に関する関連記事