「息子が陥入爪で爪が膿んでるんですけど、矯正できますか?」という質問をいただきました。【西東京田無巻き爪矯正センター】

夏が近くなると、陥入爪で悩むお子さんをお持ちのお母さんからの相談が多いです。

以下のような質問です。

 

息子が高校一年生で、春に深爪をしてから巻爪になり、一度は完治したものの、最近また巻爪になってしまいました。
赤く腫れており、膿も出ます。
陸上部の合宿に行って更に悪化させてしまったようです。
この症状でも見てもらえますか?

お忙しいところ写真付きで質問いただきまして、ありがとうございます。

このような状態で悩んでいる方が非常に多いので、詳しく説明していきます。

 

まず結論から先に言いますと、膿んでしまってる方への施術は病院でしかできません。

民間の巻き爪矯正院で行った場合、医師法に引っかかってしまいます。

ですから、まずは病院に行って膿を治してもらってください。

 

その後にどうすればいいかを解説していきます。

膿を治したらその後はどうすればいいのか

このお手紙を読んでいて気になることがあります。

それはほとんどの方が、「膿が治まったから完治した」と思っていることです。

皆さん

痛みが取れた=巻き爪治った

と思われているみたいです。

しかし

腫れが治った、また膿が治った = 巻き爪が治った

ではありません。

 

なぜなら巻き爪はほとんどの場合、放っておいて治ることはないんです

だから症状だけ見て、腫れる⇒痛みとれる⇒腫れる⇒痛みとれる を

再発した⇒治った⇒再発した⇒治った と勘違いしてしまい

悪循環を繰り返してしまう人が多いんです。

 

例えていうなら、巻き爪は虫歯に似ているのかもしれません。

虫歯もバイキンが入って腫れたりするときは痛いけど、普段は痛くない時もあります。

でも虫歯そのものを治さないと,ずっと悪い状態は続きます。

巻き爪もそれと同じように、そのままにしておくと悪化します。

 

実際に当センターには、何十年も痛い思いをして、莫大な治療費を使って、

人生の半分近くを履きたい靴も履けずに、爪に対してのコンプレックスもお持ちです。

 

そして巻き爪は年月を重ねれば重ねるほど、状態が悪化してるケースが多く、

治療にかかる費用も多くなってしまいます。

だから腫れや痛みが引いたら、早いうちに巻き爪を治してしまうことをお勧めします。

巻き爪を治すにはどんな方法があるの?

一般的には病院で行うものと、民間療法である矯正法があります。

それぞれメリットとデメリットがあります。

もしかしたら病院で状態が酷いと、「手術しましょう」と言われるかもしれません。

 

しかし腫れや膿の治療は医療機関をお勧めしますが、

巻き爪の治療に関しては医療機関でのやり方は推薦していません

なぜなら病院では一般的には巻き爪に対して、

フェノール法、マチワイヤー法、鬼塚法などの治療法を行います。

こういった治療法には、痛い、再発する、爪が変形するなどの数多くのデメリットがあるからです。

何度も手術をされた方

確かに保険が効くなどの費用的なメリットもありますが、デメリットの方が多いのが現状です。

当院みたく巻き爪専門で看板を出せてるのも、病院での治療をあきらめてくる方が大勢いるからです。

だからお医者さんが言うから大丈夫とか、

保険が効いて安いからいいやなどと判断するのでなく、

その治療をする前に、一度ネットで調べてみることをお勧めします。

それでも手術をお考えの人は、先生に完治するのか、痛いのか、見た目も元に戻るのか等は聞いてから行いましょう。

やはり自分自身の体のことですから、やってみて後悔しない方法を選択しましょう。

 

また皆様からのご質問をお待ちしています。

お気軽にメールください。