強烈な巻き爪で病院でも「うちではもう無理です!」と言われたお客様【西東京田無巻き爪矯正センター】

こちらのお客様ですが、最初は9年前に巻き爪のワイヤー治療を病院でされました。

 

しかし爪が割れてしまったため、途中で治療をやめられました。

 

その後すぐ再発して、今度は整形外科で爪を切る手術をされました。

 

でもまた再発してしまい、今度は爪を剥ぐと言われたみたいです。

 

でもまた再発するだろうし、剥ぐのはさすがに怖いから断り続けてきたそうです。

 

そして爪を上手く切って対処されていたみたいですが、

 

さすがに巻きが強くなりすぎてしまったため、お医者さんに

 

「ここまできたらカットも難しいので、さすがにうちでは対処できません」

と言われ、当院にご来店されました。

 

そしてご来店された時の写真が以下のものです。

こちらの写真が手術とワイヤー治療をされていた方です。

 

正面から見てもかなり巻いていて、確かに爪をカットするのは難しいと思います。

こちらは上から見た写真です。

 

外側の方が強く巻いているのに、全く見えません。

 

これでは自分では爪は切れないと思います。

こちらの2枚の写真は、逆の右側のものです。

 

左側ほどではないですが、ここのところ急に巻きが強くなってきたため、こちらも一緒に矯正することになりました。

こちらの写真は矯正をしている最中のものです。

 

巻きが強いうえに、爪が薄かったので、足浴を3回入れて慎重に矯正していきました。

※効果には個人差があります。

そしてこちらの写真が左足の矯正後の写真です。だいぶ開きました。

 

※効果には個人差があります。

こちらの写真は左側の終了時のものです。

 

2枚の写真を見比べてみるとわかりますが、左側の方が横幅が短く、爪に厚みがあります。

 

これは巻きが強かったために爪が厚く、また手術で爪の横を切ったためです。

 

どうしても爪を手術されると元の状態にはならないかもしれませんが、

 

もう痛みや爪を切るときのストレスはなくなると思います。

 

最後に施術後「正直ビフォーアフターの写真を見てきたんですけど、あんなのは一部の人だと思っていました。だから期待以上に良くなったからすごい嬉しいです」と言われ、喜んで帰って行かれました。

この記事に関する関連記事