長期入院で巻き爪になられたお客様【西東京田無巻き爪矯正センター】

 

こちらの80代の女性のお客様ですが、

 

長期の入院が原因で巻き爪になってしまいました。

 

普段は施設に入られていて、爪の管理は息子様がカットしています。

 

でも一度、爪が食い込んで膿んでしまったみたいで

 

それ以来はいつも爪が痛いと言われ、管理に困ってご来店されました。

 

 

写真がご来店時のものです。

 

爪の内側に膿んでいた時の痕が残っていますが

 

もうかさぶたになっていたので問題なく矯正できそうです。

※効果には個人差があります。

こちらの写真は2回目ご来店時のものです。

 

1回の施術でかなり開いたので、2回目で終了になりました。

入院や寝たきりと巻き爪の関係

 

よくお客様に巻き爪はどの世代の男性と女性が多いかと聞かれます。

 

男性か女性では女性が多いと思います。

 

やはりハイヒールを履いたりするのが影響してると考えられます。

 

でも世代別でいうと、圧倒的に高齢者に多いです。

 

特に長期入院や寝たきりになってしまうと

 

ほとんどの人が巻き爪になってしまいます。

 

これは足の指というものは、立って歩いて地面からの力を受けてないと

 

どんどん巻いていってしまうという性質があるためです。

 

だからもしご家族などが長期入院した際には

 

座って足の下にタオルをひいて、その上に足を乗せて指で引かせたりするといいです。

 

それができない場合には、やはりツメフラなどの装具などで矯正した方がいいです。

 

もしご家族で悩んでる方がいたら、ご相談ください。

この記事に関する関連記事